楽天で売れてる美味しいお米

楽天で良く売れてる全国のお米人気ブランド一覧です。
日本穀物検定協会で特A評価された超おいしいお米です。
「なすひかり」についてのページです。
特A認定地は栃木(県北)です。
「なすひかり」は母に「コシヒカリ」、父に「愛知87号」をもつ、栃木県オリジナルのお米です。栃木県においては「コシヒカリ」以外では、長年「ひとめぼれ」が 栽培されてきましたが、「ひとめぼれ」の需要減、過剰在庫、近年の豊作等で、価格が下がったために、県内では生産が減少していきました。 そして、平成2年から栃木県農業試験場において、「コシヒカリ」を母、「愛知87号」を父にして交配・品種改良を重ね、平成10年に「栃木7号」という地方番号が つけられた品種が誕生しました。平成16年には、県オリジナルの品種として「なすひかり」と名付けられ、さらに翌年には、その品質の高さから県の奨励品種として 採用される事となります。
「なすひかり」は夏の暑さに強く、耐冷性もたかく、気候の変化に強いので安定した収穫が望めるという利点があり、また「ひとめぼれ」よりも育てやすく倒伏に強い という特長を持ち合わせています。また県のもう一つの主力米「コシヒカリ」よりも収穫が早い早生品種なので、収穫時期を分散することもできました。 お米の名前の由来は、那須高原の爽やかなイメージから「なす」の2文字、「コシヒカリ」の特徴を強く受け継いでいることから「ひかり」の3文字を組み合わせて 「なすひかり」という名称になりました。
食味がよく、お米の粒が大きいので、しっかりとした味わいがあります。ツヤがよく甘みや香りもしっかりしています。粘りは「コシヒカリ」と同等か少し強めなので、 とても食べごたえがあり満足感が得られます。冷めても美味しいので、おにぎりやお弁当にも適しています。
「コシヒカリ」に近い食味で、より安価で手に入る点も大きな魅力です。
平成26年産米の食味ランキングにおいて、「なすひかり」は特Aを獲得しています。 同じ県北地域で生産された「コシヒカリ」も特Aを獲得しており、 栃木県のお米が初めてダブル特Aに輝く事となりました。

なすひかり





Copyright(C)2022 楽天で売れてる美味しいお米 All Rights Reserved.